質問の設計

面談の導入段階から、候補者に対して質問する内容・順序を決めておくことが大事です!

1. 期待値をすり合わせるための導入

まず、面接ではないことを候補者に伝え、ざっくばらんにお話いただく場ということをお伝えしましょう。
そうすることで、候補者は安心して面談に臨むことができます。

例)今日は面談という立ち位置なので、面接ではないです。互いの相性が良いかどうか確認する場なので、ぜひ◯◯さんからみて我々と今後ご縁を持ちたいかどうか判断する場に使ってくださいね。

2. 相手の動機を確認するための質問

いきなり会社説明などをせず、まず相手がどんな目的で面談を希望されたのか、どんなことを知りたいのかを確認しましょう。
先に質問することで、相手の期待にずれなく話しを進めることができます。

例)数ある求人の中で、弊社に興味を持っていただきありがとうございます!
私達の
どんなところに興味を持たれましたか?今日はどんなことが聞きたいですか?

3. 自社の採用要件を満たしているかをそれとなく探る質問

この段階では、企業ごとに質問が異なります。

例えば「プロダクトや開発に対してポジティブ・ネガティブ両方の意見を言えるか?」が重要な採用要件の場合、

今のプロジェクトのワークフローについて、良い面と悪い面を教えてください。悪い面について周囲の人はなんて言っています?

といった質問で探ります。ただし、面接っぽくなりすぎないように、丁寧に共感しながら進めるよう気をつけましょう!

4. 面談の終わり方

最後に転職活動状況を再確認して、良い方であれば必ず次回何かしらの接点を持てる約束をして終えるようにしましょう。
こちらから相手への興味度合いに分けていくつかのパターンを事前に用意しておきましょう。

例1)今日はありがとうございました。もしご興味を持っていただけましたら、ぜひ弊社の選考を受けていただけないでしょうか?(可能であれば日程調整までおこなう)

例2)今日はありがとうございました。今後選考を希望されるようでしたらメッセージを送ってください。その際は書類選考からのスタートとなりますので、職歴書などをいただけると幸いです。

例3)今日はありがとうございました。今の弊社では、◯◯さまのご希望に沿った環境をご用意することが難しいかもしれませんが、また中期的にご縁がありそうでしたらぜひお声がけさせてくださいね。

やってはいけない質問・態度

  • 志望理由を聞く
    「志望してもらえる状態にする」ことが面談のミッションです

  • 職務経歴書を要求する
    選考要素が強くなると、話が違うと思われてしまいます

  • こちらから質問しすぎる
    面接っぽくならないように、バランスを意識します

  • 相手から質問の機会を奪う
    質問は興味を持っている証拠です。丁寧に応えましょう

選考進捗率の高い面談のコツ

1. 面談前に候補者の興味のあること・知りたいことを事前に収集

『お互い感触の良い面談だったのに…なかなか面談から選考に進んでもらえない!』というお声をよくいただきます。
原因としてご面談時での候補者の意向上げがうまくいっていないケースが想定されます。
そこで、候補者が事前に深く知りたい内容を確認し、ご面談時にその内容について詳しく触れていただくことで候補者の満足度につなげることができます。

ポイントは、事前に収集した情報を元に面談担当者と面談前に申し送りを実施すること。
候補者が知りたい内容に合わせて話せるメンバーを同席してもらうことも効果的です。

メッセージ例)

今回のご面談では開発エンジニアの●●とお話いただく予定です。
深く聞きたいことや、気になることについて、可能でしたら、あらかじめご教示いただけますと幸いです。
内容によっては 他のメンバーも同席させることもできますので、ぜひご遠慮なく●●様のご興味のあることや知りたいことお知らせください。
ご面談前までに情報をいただけましたら問題ございませんので、ぜひご検討のほどお願いいたします。

2. 面談後に面談担当者からの評価点を候補者に伝える

選考進捗率の高い企業様に共通して実施していたのが、『面談終了後すぐに面談担当よりフィードバックを回収。そのフィードバックから具体的に評価している点を候補者に伝え、次回選考を促すメッセージを送る』という動きです。
自分のどんなところが評価されているのか、どんな役割を担ってほしいのか、は候補者にとって気になるポイントになります。
面談の中でもお伝えしているケースもありますが、あらためて『評価』と『期待』を伝えていただくことが効果的です。

メッセージ例)

本日は●●とご面談のお時間をいただきありがとうございました。
●●からもぜひ次回選考に進んでいただきたいと申しており、
簡単ではございますがご面談させていただいた際の評価ポイントをお伝えさせていただきます。
・〜〜〜
・〜〜〜
XX様のご印象はいかがでしたでしょうか?
面談の中で聞けなかった・もう少し深く知りたいなどございましたらご遠慮なくメッセージいただけますと幸いです。
ぜひご検討のほどお願いいたします。

回答が見つかりましたか?