みなさま、メモ機能はご活用いただいておりますでしょうか。

複数名や複数事業部で、スカウト対象者を選定する際や応募者の管理をする際に、誰がどのメモを入れたのか・いつ更新したのかわからなくなる...

との人事様からお声を複数いただいていたため、Forkwell ではチャットのように時系列で追いかけられるようなメモ機能を実装しております。

▼スカウト送信画面

▼応募者の管理画面

▼メモ欄の拡大図

効果的なメモの使い方

  • 社内のエンジニアに対象者をチェックしてもらい、気になった理由を簡単にメモに残しておいてもらう

  例:情報少ないがRuby Lv.2なので
    会って判断してみたい、など

  • 面談後の所感をメモに残しておいてもらい、面談後のフィードバックとともに次回選考の案内をスムーズにできるようにする

複数の担当者様が管理してる場合も、メモのやり取りで食い違いを防ぐことが可能です。ぜひお役立て下さいませ。

回答が見つかりましたか?