「温度感」の選択肢は広く設けましょう

スカウトの温度感をひとつだけで送ってしまうと、候補者にとっては、「行く」か「行かない」かの二択になってしまいます。

複数の選択肢を設けることで、返信のハードルを下げることができます。

選択肢は5〜6つがオススメ

選択肢の数が5〜6つのときが最も返信率が高いという調査結果が出ています。

温度感の受け取られ方

気軽にオフィスに遊びに来ませんか?」が最も返信率の高い選択肢となっていますので、こちらを含んだ5〜6つの選択肢を設けてみましょう!

回答が見つかりましたか?