1. サービスに登録して間もない方は、返信率が高い傾向があります

新規登録から時間が経っていない(特に登録30日以内の)方は、そうでない方と比較して返信率が高い、というデータがあります。

「新着順※」の並び順で検索を行い、一覧上部に表示された方にスカウトを送ってみましょう。
(※新規ユーザー・既存ユーザー問わず、直近で「企業からのスカウト受信設定」を「受け取る」に設定した日が新しい順で表示されます。)

2.「最終アクセス日」が近い方は、活発に動いている可能性が高いです

動きの良い方から早めの返信を期待される場合、最終アクセス日がより近い方は狙い目です。特に、「最終アクセス日」は 1ヶ月以内 を目安とすることをオススメいたします。

「最終アクセスが新しい」の並び順で検索を行い、一覧上部に表示された方にスカウトを送ってみましょう。

3. 「スカウトの温度感」のチェック項目を増やしましょう

「スカウトの温度感」の項目をより多くチェックしてスカウトを送ることで、返信率は向上します。できるだけたくさんの選択肢を示すことで、転職意向を問わず相手に訴求することができるためです。

特に、全体のスカウト返信のおよそ8割が「気軽にオフィスに遊びに来ませんか?」からのエントリーとなっています(2018年1月時点)。こちらの項目はぜひ含めていただくことをオススメいたします。

4. 相手に宛てたスカウト文の作成・送信は、非常に効果的です

返信率が平均10%を超えるスカウトに関しては、その多くが

  • 対象者のプロフィールに言及している

  • 対象者が、スカウト送信企業の環境・風土にマッチしていると示している

という2つの特徴を持っています。

なぜスカウト対象としてあなたを選んだのか?」を明確に示しましょう。

例えば、

「あなたの●●のご経験が、弊社の◯◯開発に活かせるかと思い、お声がけいたしました!」

など短くても構いません。

自社紹介に終始せず、スカウトした理由を相手に対してきちんと伝えましょう。

【参考リンク】1万通以上のスカウトを分析してわかったコピペスカウトが滅ぶべき理由

回答が見つかりましたか?